胡蝶蘭の種類

実はいろいろな種類があって、少しずつ形が違ってきます。色についても白系、ピンク系、黄色系、紫系、赤リップ系などがあります。

それぞれの色でまた微妙に異なっていくのです。どれがいいのかは好みの問題ですが、一般的には白系が多いようですね。開店祝いなどでプレゼントされる機会があれば、一度色を観察してみられてはいかがでしょうか。

胡蝶蘭には大輪と小輪があります。小輪はミディ胡蝶蘭と呼ばれており、かわいらしい点が女性に人気のようです。

ミディ胡蝶蘭は花が小さい為、花の重みで茎が倒れしてしまうことも少ないようです。簡単な支柱を取り付ければ十分です。ミディ胡蝶蘭にはアマビリスハルガスミなどがあります。

大輪の場合はしっかりした支柱がなければ、垂れ下がってしまい見た目が悪くなります。

胡蝶蘭は明るい方向に向かって茎が曲がる性質を持っています。支柱で調整することによって花全体の形を整えることができるのです。販売されている胡蝶蘭は必ず支柱が取り付けられているのはそのためなのです。

胡蝶蘭の魅力にはどのようなものがあるのでしょうか。大輪の花がいくつも連なっているところが優雅で気品あふれるという点も見逃せません。豪華なことから法人用の就任祝い等で利用されます。胡蝶蘭の種類はいろいろとあるのですが、色は白が多いようです。それからピンク、白とピンクが混ざったもの、イエローなどです。胡蝶蘭の良いところは長い期間、花が咲いているところです。

人気の高い洋ランで、日本では胡蝶蘭の名で広く親しまれています。

和名は花弁が左右に大きく張るその花姿が、舞う蝶のよう見えることから名付けられたもの。凛とした花を整然と咲かせるさまは気品に満ち、贈答用にも最適です。流通しているものは原種を改良したものが多く、ほとんどは白花の大輪品種ですが、最近ではピンクや黄など花色も豊富になっています