胡蝶蘭の語源

胡蝶蘭は、美しく、花の姿が魅力的な洋ランです。

ラン科コチョウラン属に属し、着生ランの一種の植物です。学名ではファレノプシス(Phalaenopsis) といい英名は「モス・オーキッド(moth orchid)」と言います。

日本では、花の形が蝶が舞っているように似ていることから「胡蝶蘭」と呼ばれて綺麗な優雅なイメージがあります。

胡蝶蘭の置き場所

クーラーや暖房の乾いた風が直接当たらない所に置いて下さい。(乾いた風が当たると花が枯れ落ちます)

直射日光も葉焼けの原因になり、花の寿命を縮めますので、直射日光の当たらない所に置いて下さい。

冬は、凍害が起こる可能性があるので、玄関のような気温が低くなる場所に置かないでください。(特に夜間の窓際は危険)居間など皆様が集まる場所に置いて下さい。

冬季は、テレビの横など電化製品の隣がオススメです。(熱源の近く)

胡蝶蘭の季節ごとの管理方法

春(3月~5月)

少しずつ暖かくなる頃です。一度に与える量は1株につきコップ半分程度です。株元を確認し、しっかり乾いていたことを確認した2~3日後に与えるようにしましょう。間隔の目安は10日~2週間に1回程度です。

夏(6月~8月)

気温がどんどん上がってきて、花にとっては暑すぎる時期を迎夏(6月~8月)えます。一度に与え夏(6月~8月)る量は1株につきコップ1杯程度です。乾燥のしすぎに注意し、株元がしっかり乾いたらすぐに与えましょう。

秋(9月~11月)

徐々に気温が下がってきます。春の管理と同じように株元がしっかり乾いたことを確認した2~3日後に与えるようにしましょう。

冬(12月~2月)

寒くて胡蝶蘭は成長を止めます。室内でも最低温度が10℃以下になります。株元がしっかり乾いたことを確認した1週間後に与えるようにしましょう。間隔の目安は3週間~1カ月に1回程度です。空気が乾燥していますので葉の裏に水をスプレーするなどして湿度を保ちましょう。

育てやすい胡蝶蘭を買うなら胡蝶蘭のオーキッドファンがおすすめです!写真送信サービスを利用すると写真をメールで送ってもらえるので、印刷してポスターフレームに入れています。

胡蝶蘭のおすすめサイト

幸福の胡蝶蘭屋さん
http://www.kochoran.ne.jp/